スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津/峰の茶屋+三斗小屋温泉

2011.06.24.01:26

山サイ研の集中ランで那須に出かけてきました~☆ 今日は、あいにくのお天気だし、最短ルートでアプローチかな!? と、いうわけで、黒磯駅からバス輪行で那須ロープウェー山麓口駅から出発♪ 

R1035236.jpg

霧雨で少し肌寒いですが、てってこ歩いていると身体も温まってきていい感じです☆ ちなみに、心配というより、覚悟していた雨のなかの集中ラン。ところが、週末にかけて予報は快方に向かい、麓では曇り、峠の茶屋~峰の茶屋手前で小雨に降られた程度ですみ、梅雨の合間の快適な山岳サイクリングとなったのでした。
とはいえ、峰の茶屋に到着した時点では茶臼岳の山頂が霧に包まれていて、あえて登る気にはならない雰囲気。「まぁ、午後には晴れ間もなんていってたけれど、さすがにまだですかね~」なんて話をしながら避難小屋でランチ。

……ところが、ランチ休憩の後、期待もせずに外に出てみれば晴れ間までひろがっているではありませんか! 正面に見えるのは、隠居倉のあたりでしょうか? あまり期待していなかっただけに、嬉しいです! やった~☆

R1035257.jpg
 
その後、別ルートで集中する方がいらっしゃるかも!? と、峰の茶屋で1時間ほど待ってみましたが、あいにくの雨予報もあって、どなたもいらっしゃらない様子。14:00すぎ、ぼちぼち今夜のお宿である三斗小屋温泉を目指して降ることにしました♪

R1035293.jpg

そう、今回の集中ランは、峰の茶屋というよりも、三斗小屋温泉と、翌日の大峠越えがお目当て。ほとんど乗れないガレ場を、すれ違うハイカーに気を配りながら、温泉を目指してのんびり歩きます。

R1035294.jpg

と、いいつつ、時折、乗車できる場面もあったりするのが楽しいです。

R1035341.jpg

標高をぐっと下げて樹林帯に出ると、新緑がマブシイ季節です! 避難小屋をすぎてしばらくはゴロゴロした石も多くて乗車率は高くありません。一方、美味しいお水がいただける、延命水から先は結構乗れますが、今日はハイカーの歩調に合わせて、結局のところ乗らずにのんびり歩いて目的地を目指します。急ぐ旅路でも、乗車率を競う旅路でもないので、なるべくお互い気持ちよく。そういうのがいいな♪ と思いつつ。

R1035337.jpg

15:30三斗小屋温泉に到着! ここには2軒の温泉宿がありますが、今日は大黒屋旧館に宿泊です。この建物、明治2年に建てられた由緒ある建物なのだそうです。年号をお聞きしただけでは、歴史に疎い私はピンときませんでしたが、なるほど戊辰戦争の後に再建されたのですね。後で気がつきました。同行の皆さんは、さっそくビールで一席設けているご様子。私はビールを最初の一口だけいただいて、陽のあるうちに大風呂で長風呂、ときめこみます。

R1035372.jpg

木造のうち湯(大風呂)には光がさんさんと降り注ぎ、若葉のグリーンが目にまぶしくて、週の前半まで雨予報だったとは、ちょっと信じられません。BGMは小鳥のさえずりと沢の音です。

R1035362.jpg

源泉が50.9度というだけあって、かけ流し・無色・ほぼ無臭のややとろみのある湯は熱め。厳寒期ではのぼせてしまいそうですが、今日は窓から吹き込む風がさわやかで心地よく、1時間たっぷりと湯浴みを楽しませていただきました。サイクリングの後は温泉にかぎります。とはいえ、山岳サイクリングとしては贅沢すぎですね(^^)/ 幸せすぎます。

ちなみに、大黒屋は食事も山間の地とは思えない豪華さ。しかも、部屋食なのです。これにはびっくり。しかもデザートはメロンですよ! 

R1035390.jpg

お風呂あがりに冷えたビールと美味しい食事。しかも同行の皆さんたら、「ビールとメロンは食べ合わせがイマイチ」とかいって……ありがたくいただいちゃって幸せ倍増(笑)。食事のあと、もう一度お湯を堪能し、ほかに何を望むというのかしら? というほど、幸せな気持ちで満たされて、お布団へもぐりこんだのが21時。おやすみなさい、また明日! 

memo☆峰の茶屋は、那須連山の主峰茶臼岳と朝日岳の鞍部に位置する避難小屋(標高1,720メートル)。三斗小屋温泉大黒屋には岩風呂と大風呂があり、それぞれ1時間ごとに男女入れ替え制。岩風呂は低温のため、季節によっては湯ざめにご注意。日帰り入浴は不可。1泊2食付き大人1名9,100円。お弁当1人前(おにぎり2個)は500円、到着後の予約でOK。ビールは1本500円(キリン一番搾りだったかな?)。※2011年6月現在

関連記事

comment

Secret

プロフィール

なつ

Author:なつ
趣味は、サイクルツーリングと温泉巡り。所有自転車はALPSクライマー&HIROSEツーリング(26HE*1.25)、エンメアッカ(700×23C)。唯一の特技は自分のペースで走ること。ご一緒した方に言われて嬉しかったことは「登りは遅いけど降りは遅すぎない(から一緒にサイクリングができる)よね」。

各地のお天気
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自転車関連の本
自信をもっておすすめできる本、撮影などで協力した本をご紹介いたします。
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。