スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津/大峠

2011.07.07.22:19

今日は、三斗小屋宿跡へ立ち寄った後、旧会津中街道で大峠を越えることにしました。すっかり天候は回復し、実に清々しい朝です。

R1035427.jpg

山小屋の朝は早く、「一番遅く」でお願いしても、朝食は06:00。のんびり食事をしてもまだ7時前。

R1035414.jpg

快適な降りを楽しみながら、三斗小屋宿跡へ。

R1035476.jpg

戊辰戦争に思いを馳せる人、旧街道に思いを馳せる人、思いのほか良好な旧道の状況にホクホクする人……想いは人それぞれですが、人の気配を感じる峠越えはいいものですね(^^)/ 「せっかくだから三斗小屋宿跡も寄っていきましょう!」と、提案してくださったことに感謝です。2007年に修復されたという白湯山(しらゆさん)の大鳥居は、茶臼岳の西斜面、御沢の中ほど、御宝前の湯に向かって建てられています。鳥居の先に道はなく、ここから眺めて祈りを捧げたのだろうか? などと、想像するのも楽しいひととき。

R1035471.jpg

かつて白湯山信仰の町としても賑わったという三斗小屋宿。それは文化・文政年間(1804~1829)を最盛期として、第二次世界大戦頃まで続いたのだそうです。

R1035464.jpg

菜の花と街道の石仏。戊辰戦争の折、激戦の地となったとは……にわかには信じがたい、山間の静かな宿場町跡です。同行の氏によれば、大日如来像であるのだとか。

R1035490.jpg

旧道は2009年に笹などの刈払いが行われたようで、同行の方がかつて歩いた時よりも、ずいぶん状況がよくなっているとのこと。

R1035491.jpg

さらに、「危なかったらそのまま黒磯に降りましょう」と、水量を心配していた沢にも丸木橋がかかっており、核心部と思われた区間もなんとか自力でクリアすることができたのでした(よかった!)。

R1035548.jpg

大峠付近はまるでお花畑のようです~♪

R1035544.jpg

イワカガミかな? 自転車で走る速度では気が付かないものに、歩いていると目が向きます。ときにはこんなペースもいいな、と思うのです。

R1035558.jpg

大峠、到着! ここも戊辰戦争の攻防の舞台となったのですね。もともと六地蔵が並んでいたそうですが、今は新旧のお地蔵様が分散して並び、峠を行く人を見守っています。歴史に思いを馳せながら……かどうかは微妙ですが、あまりに心地よくて昼食の後、ちょこっとお昼寝してしまいました(笑)

R1035556.jpg

いつか、三本槍、流石山へも足を延ばしてみたいものですね(そのときは徒歩で!)。

※※※

会津田島駅前の蕎麦店で一席設けた後、帰路についたのでした。ふぅ。今週末も、楽しかった~☆ ご一緒いただいた皆様、お世話になりました&ありがとうございました! 初めて担当した集中ラン。担当といっても、宿の手配程度だけれど、無事に終了して、本当によかったです。ほっと一息。

memo☆大峠、1,468メートル。那須連山、流石山と三本槍岳の鞍部、三斗小屋宿と野際新田宿をつなぐ会津中街道の峠。

関連記事

comment

Secret

プロフィール

なつ

Author:なつ
趣味は、サイクルツーリングと温泉巡り。所有自転車はALPSクライマー&HIROSEツーリング(26HE*1.25)、エンメアッカ(700×23C)。唯一の特技は自分のペースで走ること。ご一緒した方に言われて嬉しかったことは「登りは遅いけど降りは遅すぎない(から一緒にサイクリングができる)よね」。

各地のお天気
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自転車関連の本
自信をもっておすすめできる本、撮影などで協力した本をご紹介いたします。
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。