スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西上州/矢久峠

2012.01.14.22:27

さて、翌1月3日は、クルマ利用の方々と宿で別れ、駅まで自走組は矢久峠を越えて秩父へ向かいます。

矢久峠の青梨側は林道で分断されていたり、流されていたりして、ちょっとこの日歩くには大変そうだったので、トレースは途中までで断念。矢久峠は林道で登れるので、安心&らくらくです。とはいえ、北斜面の陽の当たらないカーブでは、路面がツルッツルに凍っている区間もありました。矢久側から青梨側へ峠を越えるときは、あんまり飛ばさないようにお気をつけて……と(^^)/

_R0014483s.jpg

旧道へは峠を越えたあたりから入りました。矢久側の旧道はなんとも言えず感じのよいパスハンターにぴったりの道☆


ただ、落ち葉サクサクの道は、路面に石や巻き込みやすい太くて短い枝が潜んでいたりするので、常に「転ぶなら山側」という意識を忘れないよ~にしなくっちゃ、です。なんでも、「少し慣れてきたときがアブナイ」ですものね。

矢久側の旧道に気をよくして、「おっ、今日はいけるかも!?」なんて思ったりもしましたが、上野村からの帰り道は、小鹿野~秩父間の小さな峠越えがボディーブローのように効きました(笑)そういえば、昨年も同じように最後のちょっとしたアップダウンがきつかったんだっけなぁ。

帰路に立ち寄った「武甲正宗」にて。

_R0014496s.jpg


ご同行いただいたN氏の自転車をモデルに、お正月らしく。
この日もご一緒いただいた皆さんに感謝です(^^)/。
今年もよろしくお願いいたします。

memo☆
矢久峠、標高約810m。群馬県万場町青梨と埼玉県小鹿野市矢久をつなぐ県境の峠。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

なつ

Author:なつ
趣味は、サイクルツーリングと温泉巡り。所有自転車はALPSクライマー&HIROSEツーリング(26HE*1.25)、エンメアッカ(700×23C)。唯一の特技は自分のペースで走ること。ご一緒した方に言われて嬉しかったことは「登りは遅いけど降りは遅すぎない(から一緒にサイクリングができる)よね」。

各地のお天気
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自転車関連の本
自信をもっておすすめできる本、撮影などで協力した本をご紹介いたします。
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。