スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々/雨の日はカフェで読書でも。

2012.04.01.01:03

_R0015624s_20120401002048.jpg

「峠を想う時、私は心と身との軽さを感ずる。そこには登山におけるほどの天候の心配もなければ、通路の異変を予想する苦労もない。永い歴史の背景が自分を支持して私も人類の一員であることを自覚する。そして絶えず峠の彼方に自分を待っている平和な宿があるという感じによって興奮せしめられる。道程が一日で充分であるという感じが私の心を安らかにし、すべてのものを充分にのんびり味わう余裕を与えてくれる。しかし峠の頂上に立って、雲が足下に迷い、前方に隠見する中腹の森林黒々とした間にやがて自分がはいることを考ふる時、一種の不安な而も安全の深いよろこびが心にむらがってくることを覚ゆる。」田部重治著『峠と高原』普及版“峠”より。

カフェで珈琲でも飲みながら、まだ見ぬ峠に想いをはせる。そんな雨の休日も、いいものですね☆


memo☆
山や峠の本は数あれど、偶然に書店の棚で出会う書籍には、なにか運命的なものを感じます。『峠と高原』も、探していたのではなく、ふらりと立ち寄った古書店で出会った1冊。こういう出会い、大切にしていきたいな~と思います♪
関連記事

comment

Secret

No title

2012.04.01.10:51

なつさん、こんばんは。
”峠と高原”、歴史を感じさせる本ですね。峠に行く前に、峠の背後にある、事象を知って行くのと、知らないのでは、峠に着いた時の、感覚がちがいますよね。自分も色々調べてから、行こうとは、思うのですが、旅行の紀行文を読むのが、ちょっと苦手で、標高調べて、2万五千図印刷して、勾配をイメージして行くのが多いです。なつさんは、今シーズンは、”峠と高原”に登場する峠に、色々、行ってみるのでしょうか。楽しそうですね。
 3月になると、こちらの方も、天気が安定して、自転車で出かけるのですが、今年は、雪が多いので、まだ一度も出かけていません。早く暖かくなって、出かけられればなと思っております。
 春といえば、昨日、夏鳥のキビタキを庭で見かけました。(寒いとはいえ春は一歩一歩きているようです)5月頃になると、山のほうに行ってしまい、生い茂る葉っぱで姿を見る事が、難しくなるのですが、この時期は、まだ平野部で見る事ができて得した気分になりました。姿が美しく、さえずる声も、とっても素晴らしい、自分にとってはNo.1夏鳥です。

Re: No title

2012.04.02.01:31

kageyamaさん、こんばんは。

本当に、峠の背後にある事象を知って行くのや、なにか印象深い出来事が動機になって出かける峠というのは、思い入れが違って、峠を越えたときの感覚もかわってきます(^^)

本で知って興味を持った峠も、思い入れは様々だけれど、実際に出かけると感慨深いものがありますよね。
この本を読みながら、いくつかまた、出かけてみたい峠が増えました。色あせてしまわないうちに、出かけたいな~と考えています☆ちなみに、紀行文の合間に、峠と高原、そしてその周辺についてのお話も収録されています。今も色あせることなく、身体に沁みわたる名文もいくつか出会いました。

まだまだ地図も上手に読めないので、時間と体力に余裕があるときは、ゆっくりとルートファインディングの練習もしたいと思います。

これまでは房総や伊豆というように、暖かい地域に出かけることが多かったのですが、今年の冬は高尾や御岳といった、冬の低山ハイキングを楽しむようになりました。まだ、冬の低山の感覚がつかめていないので、ほとんどは歩きです。ちょっとずつ、感覚をつかんで、来年は自転車も一緒に出かけられるようになったらいいな、なんて感じています。

キビタキの囀り、私はまだ聞いたことがありません(というか「キビタキだ!」と認識できていないだけで聞いたことはあるのかもしれません)。今は知識がないけれど、少しずつ、鳥の囀りにも耳を傾けられるようになれたら素敵だなぁと思います。

東京に暮らしていると、季節の変化があまり体感できません。積極的にならないと、桜さえも見過ごしてしまいます。せっかく四季の移ろう日本に暮らしているのだから、もっと、肌で感じていきたいなぁと思う今日このごろ。このところ、仕事も忙しく思うように出かけることができていませんが、夏に向けて準備を進めているところです。

東京は一足お先に春の陽気です。そちらにも本格的な春が訪れるころ、また走りに出かけたいと思います。とりとめもなく、長いお返事になり失礼いたしました。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

なつ

Author:なつ
趣味は、サイクルツーリングと温泉巡り。所有自転車はALPSクライマー&HIROSEツーリング(26HE*1.25)、エンメアッカ(700×23C)。唯一の特技は自分のペースで走ること。ご一緒した方に言われて嬉しかったことは「登りは遅いけど降りは遅すぎない(から一緒にサイクリングができる)よね」。

各地のお天気
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自転車関連の本
自信をもっておすすめできる本、撮影などで協力した本をご紹介いたします。
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。